・転職エージェントではなく、有料の人材コンサルタントを使う意味

 

転職エージェントを使うことはいまや珍しいことではなくなりました。

転職は一人でやりたいという方もいらっしゃるでしょうが、やはり誰かにサポートしてもらうことは心強いものです。

レジュメ作成、面接対策、ビジネスマナー講習は弊社のサービスです。

そんなことを無料でやってもらえる転職エージェントはとても素晴らしいサービスと言えるでしょう。

しかし、転職エージェントはボランティア団体ではありません。

必ず「収益」を得なければ存続ができないことはご理解いただけると思います。

この「収益」はどこから産まれるのか?

それは、転職者の方々が紹介された企業へ入社して発生する「紹介手数料」が全てとなります。

 

言い方を変えれば、「紹介が成功しない限り紹介手数料」は発生しない成功報酬型。

ここが非常にキモになってきます。

ピンときた方もいることでしょう。

 

・・・転職紹介会社の本音・・・

?紹介する価値の高い人(だけ)をサポートしたい

?自分たちと取引のあるクライアントに紹介をしたい

?どこでもいいから、入社してもらえれば利益となる

?当初価値があると考えていたが、先に進む見込みがなければ、サポートは終了させたい

?その他・・・・まだまだたくさんあります。

 

このくらい書けば察していただけるかとは思いますが、利用者にもそれなりの割り切りが必要になります。

自分が志望する企業案件を持っていて、エージェントとの面談までたどり着いたら利用する価値はあると思います。

担当コンサルタントも目の色を変えて、万全なサポート行うはずです。

もし、体の良い断りをされた場合、

例えば・・・

「現在当社では貴殿に見合う案件を持っていない」

「現段階では貴殿のサポートは難しいという判断になりました」などなど

紹介会社にとって、企業へ紹介しても入社までたどり着ける可能性がないというジャッジをされたと考えていただくことが懸命です。

 

その際には、迷うことなく我々のような有料のエージェントを利用することも視野に入れて良いと思います。

 

* 有料の人材コンサルタントへ相談する意味

無料の人材コンサルタント(エージェントを利用した場合)が存在するのに、

「有料の人材コンサルタントにわざわざサポートを依頼するなんてもったいない!」・・・

そう考えるのは当然のことだと思います。

無料の人材コンサルタント(転職エージェント)のサービスは、本来なら相当な料金が発生してもおかしくありません。

そう考えれば、利用価値が高いサービスに違いありません。

 

それでは、どうして有料の人材コンサルタントにサポートをお願いするメリットがあるのでしょうか?

人材コンサルタントの行動が「紹介フィーに左右されることがない」ことが最大のメリットといえます。

 

無料の人材コンサルタントもボランティアではありません。

ですので利用手数料がかからないのであれば、どこからか収入(売上)を計上しなければなりません。

当然、無料の人材コンサルタントには予算がありますので、自ら担当する候補者は売上計上するためのお客様となります。

すなわち、そのお客様は自社の契約するクライアントへ紹介することが絶対となります。

もっとリアルに言えば、その限られたクライアント(企業)で決めてもらうことが絶対なんです。

お気付きですか?就職先は自由にならない可能性が高いのです。

自分たちが付き合いのない企業を希望する、もしくは自社の持っている企業に転職(就職)してもらう可能性がある人のみ

お客様となります。

 

有料の人材コンサルタントは利用することで売上(利益)を確保することになります。

紹介フィーに縛られることがありませんので、利用者には様々なメリットがあります。

・コンサルタントがクライアントを気にせずにサポートを行うために、企業の選択は基本的に自由となる(無限大)

・サポート期限に縛りがない(無料の場合は一定期間で内定の見込みがない場合、サポート終了となる)

・内定しても、コンサルタントに気兼ねすることなく断ることも可能

(無料も断れますが、断りにくいという心理が働く。あるいはコンサルタントから強いプッシュがある)

・自身の学歴やキャリアに左右されることなく、相談することが可能

(無料の場合は、手持ちの企業に合格する可能性がある人のみ、サポートが受けられる)

・ある企業に受かるギリギリのラインの場合は、転職エージェントを使わない方が合格する確率が上がる

 転職エージェント経由の場合、企業は書類選考のところでスクリーニングをかけており、このハードルが高くなる

 要は転職エージェントにお金を払ってまで採用する人材か否かという心理が働く

 

いかがでしょう。

なかなかこういった裏事情は知らされていないため衝撃的かもしれませんが、概ねこのような状況です。

ですので、目先のコストは発生するものの、有料のコンサルタントを使うメリットは大きいと言えるでしょう。

 

履歴書・職務経歴書の添削 作成代行

面接対策

弊社のサービスです。

そんなことを無料でやってもらえる転職エージェントはとても素晴らしいサービスと言えるでしょう。

しかし、転職エージェントはボランティア団体ではありません。

必ず「収益」を得なければ存続ができないことはご理解いただけると思います。

この「収益」はどこから産まれるのか?

それは、転職者の方々が紹介された企業へ入社して発生する「紹介手数料」が全てとなります。

 

言い方を変えれば、「紹介が成功しない限り紹介手数料」は発生しない成功報酬型。

ここが非常にキモになってきます。

ピンときた方もいることでしょう。

転職あるある

・・・転職紹介会社の本音・・・

?紹介する価値の高い人(だけ)をサポートしたい

?自分たちと取引のあるクライアントに紹介をしたい

?どこでもいいから、入社してもらえれば利益となる

?当初価値があると考えていたが、先に進む見込みがなければ、サポートは終了させたい

?その他・・・・まだまだたくさんあります。

 

このくらい書けば察していただけるかとは思いますが、利用者にもそれなりの割り切りが必要になります。

自分が志望する企業案件を持っていて、エージェントとの面談までたどり着いたら利用する価値はあると思います。

担当コンサルタントも目の色を変えて、万全なサポート行うはずです。

もし、体の良い断りをされた場合、

例えば・・・

「現在当社では貴殿に見合う案件を持っていない」

「現段階では貴殿のサポートは難しいという判断になりました」などなど

紹介会社にとって、企業へ紹介しても入社までたどり着ける可能性がないというジャッジをされたと考えていただくことが懸命です。

 

その際には、迷うことなく我々のような有料のエージェントを利用することも視野に入れて良いと思います。

 

* 有料の人材コンサルタントへ相談する意味

無料の人材コンサルタント(エージェントを利用した場合)が存在するのに、

「有料の人材コンサルタントにわざわざサポートを依頼するなんてもったいない!」・・・

そう考えるのは当然のことだと思います。

無料の人材コンサルタント(転職エージェント)のサービスは、本来なら相当な料金が発生してもおかしくありません。

そう考えれば、利用価値が高いサービスに違いありません。

 

それでは、どうして有料の人材コンサルタントにサポートをお願いするメリットがあるのでしょうか?

人材コンサルタントの行動が「紹介フィーに左右されることがない」ことが最大のメリットといえます。

 

無料の人材コンサルタントもボランティアではありません。

ですので利用手数料がかからないのであれば、どこからか収入(売上)を計上しなければなりません。

当然、無料の人材コンサルタントには予算がありますので、自ら担当する候補者は売上計上するためのお客様となります。

すなわち、そのお客様は自社の契約するクライアントへ紹介することが絶対となります。

もっとリアルに言えば、その限られたクライアント(企業)で決めてもらうことが絶対なんです。

お気付きですか?就職先は自由にならない可能性が高いのです。

自分たちが付き合いのない企業を希望する、もしくは自社の持っている企業に転職(就職)してもらう可能性がある人のみ

お客様となります。

 

有料の人材コンサルタントは利用することで売上(利益)を確保することになります。

紹介フィーに縛られることがありませんので、利用者には様々なメリットがあります。

・コンサルタントがクライアントを気にせずにサポートを行うために、企業の選択は基本的に自由となる(無限大)

・サポート期限に縛りがない(無料の場合は一定期間で内定の見込みがない場合、サポート終了となる)

・内定しても、コンサルタントに気兼ねすることなく断ることも可能

(無料も断れますが、断りにくいという心理が働く。あるいはコンサルタントから強いプッシュがある)

・自身の学歴やキャリアに左右されることなく、相談することが可能

(無料の場合は、手持ちの企業に合格する可能性がある人のみ、サポートが受けられる)

・ある企業に受かるギリギリのラインの場合は、転職エージェントを使わない方が合格する確率が上がる

 転職エージェント経由の場合、企業は書類選考のところでスクリーニングをかけており、このハードルが高くなる

 要は転職エージェントにお金を払ってまで採用する人材か否かという心理が働く

 

いかがでしょう。

なかなかこういった裏事情は知らされていないため衝撃的かもしれませんが、概ねこのような状況です。

ですので、目先のコストは発生するものの、有料のコンサルタントを使うメリットは大きいと言えるでしょう。

          【才田淳一ブログ】

コンタクト

事務所:099-239-4501/〒892-0848 鹿児島県鹿児島市平之町7番33号

お問合せフォーム

 

 上部へ移動する